会社ではビジネス英会話の人材の待遇がよい

会社でビジネス英会話を使っている外国企業と取引の部門は、国内だけの人よりもできる人と感じます。国内のみの人は誰でもできると思えることで魅力がないし、給料は低めが望ましいのではないかと考えています。実際に、売り上げを上げているのかどうかというのは二の次、ビジネス英会話のほうが給料は高くなるはずです。

ビジネス英会話の可能な人材であるほうが企業の待遇で優遇される傾向があるため、駅前留学や留学するなどして、入社する前に英会話を身につけておいたほうが入社後はちょっと有利になりそうです。日本の学校で英語を勉強するだけでは身につかないと思います。偏差値を超えて、ビジネス英会話を習得するほうがたぶん有利です。

配属先でビジネス英会話を使わないかもしれませんが、英語は読解しかできない人より将来性を買われることになります。だいたい大企業はビジネス英会話の人材を優先して採用、出世するのもビジネス英会話の人材です。