企業における社員への英会話

以前小規模の語学スクールで勤務していました。

自分自身も英語を使った仕事をしたいとずっと思っていて、その仕事に就いたときは嬉しかったです。日本企業に英語等の研修のカリキュラムを提案する営業という立場だったので、そんなに英語を使う機会は多くなかったですが、案件が決まれば、講師手配から講師のスケジュール確認等で、外国人講師とメールでやりとりをするので、そこで定形メールを覚えました。また案件初回レッスン時には、講師と一緒に企業へ伺いましたので、そのときはスピーキングとリスニングが必要でした。仕事で実際に使うことが一番英語力は伸びます。目の前の人間に正しく、伝えないといけないという状況が一番効果的です。

英語の必要性を感じている企業はかなり多く、大手企業であればほぼ100%に近い感覚で、英語は何かしら社員に意識させようとしている印象を受けました。これから入社する若手社員はかなり英語力が高いので、既に会社にいる年齢層が上の人たちも努力せざるを得ないでしょう。