ビジネスというなら英語ぐらい話すべき

ビジネスというなら英語ぐらい話したほうが人あたりが上がるのは言うまでもないことです。学校の勉強やテストのレベルではなく、すらすら日常会話ぐらいできるようにしておくべきです。でなければ、普通の人とぜんぜん変わりないし、偉そうな身分でビジネスされたくないわ、と思ってしまいます。むしろ対日本人に関して、日本語でしゃべらずに英語で話せよとなります。対外国人に関しては、もとよりビジネスをしているのは大手企業とか海外と取引しているところになるから、これまた一段、ビジネス英語の用途が変わります。相手の外国人が英語を話していたら、それは外国人にすれば当たり前に使っているから、そこで英語を通用させるのは当然です。聞いているかぎりでは、日本人の英語の発音は非常に下手な人が多くて、英語圏からみたら恥ずかしい英語を使っているような日本人がたくさんいて、もっと発音をスムーズにしてもらいたいところです。ビジネス英語は話せるレベルが必要です。